Assetto Corsa Mod Track List 【F1】【Albert Park他】

コース

こんにちは、今回からAssetto Corsa(アセットコルサ)の各サイトに散らばっているコースをまとめていきたいと思います。

掲載しているコースは私が保持しているものです。全てを網羅しているわけではありません。

先ずはF1開催コースから始めていきたいと思います。ABC順にまとめていきます。

※2021/02/20 大幅な加筆修正、03/03 コードの表示方法を変更
※2021/07/02 Adelaide 2011のリンクを変更

Adelaide (オーストラリア)

アデレード・ストリート・サーキットは、オーストラリア南部の都市アデレードにあるサーキット(公道コース)。1985年から1995年までF1オーストラリアGPに使用された。市街地コースでありながら、オーバーテイクができると人気であったが、オーストラリアGPは1996年からはメルボルンのアルバートパークサーキットに移っていった。 現在は、V8スーパーカーシリーズの1戦、アデレード500が行われている。

wikipediaより

Adelaide 1988

Adelaide1988 by Carrera4 and Rainmaker / Updated by Assetto-fr.tk(フォルダ名:adelaide1988)
ー1988年バージョン

Adelaide 1988②

・Adelaide 1988 by Terra21 (フォルダ名:adelaide_1988)
ー1988年バージョン②

ダウンロードは動画の概要欄から。

木や草が明るいのを修正したり、GrassFXを入れたら見栄えが良くなりました。コースのフォルダ以下にextensionファイルを、その中にext_config.iniを作成して以下をコピペしてください。

[LIGHTING]
LIT_MULT = 1

[BASIC]
SUPPORTS_WIND = 1

[GRASS_FX_TEXTURE_GROUP_0]
PIECE_0 = 1, 1
PIECE_1 = 1, 2, 2, 1
PIECE_1_CHANCE = 0.05
PIECE_2 = 1, 2, 2, 1
PIECE_2_CHANCE = 1
PIECE_3 = 6, 1
PIECE_4 = 7, 1
PIECE_5 = 8, 1
PIECE_6 = 2, 1
PIECE_7 = 2, 2
PIECE_8 = 3, 1
PIECE_9 = 3, 2

[GRASS_FX_CONFIGURATION_A]
TEXTURE_BASE_CHANCE = 1
TEXTURE_GROUP_0_CHANCE = 0.25
MASK_MAIN_THRESHOLD =
MASK_MAX_LUMINANCE = 1
MASK_MIN_LUMINANCE = 0.01
TRIM_PERIOD = THURSDAY
SHAPE_SIZE = 1.5, 2.5
SHAPE_TIDY = 1, 0
SHAPE_CUT = 0, 0

[GRASS_FX_ADJUSTMENT_…]
MATERIALS = GRASSA
MAP = A

[GRASS_FX]
GRASS_MATERIALS = GRASSA

ORIGINAL_GRASS_MATERIALS = GBLADES
TRIM_PERIOD = THURSDAY
MASK_BLUR = 1
MASK_MAIN_THRESHOLD =
MASK_MAX_LUMINANCE = 1
MASK_MIN_LUMINANCE = 0.01
SHAPE_SIZE = 1.0, 2.5
SHAPE_TIDY = 1, 0
SHAPE_CUT = 1, 0
TEXTURE = grass_fx/highlands.dds
TEXTURE_GRID = 8, 3

[SHADER_REPLACEMENT_0]
ACTIVE=1
DESCRIPTION= darker tree
MATERIALS = TREE?
PROP_1 = ksDiffuse, 0.1
PROP_2 = ksAmbient, 0.2

[SHADER_REPLACEMENT_1]
ACTIVE=1
DESCRIPTION= darker grass
MATERIALS = GRASSA
PROP_1 = ksDiffuse, 0.38
PROP_2 = ksAmbient, 0.38

[MESH_ADJUSTMENT_0]
MESHES = startglow_gmt_sub5, pitgantry_gmt_sub1, startglow_gmt_sub1, startglow_gmt_sub0, pitgantry_gmt_sub0
IS_RENDERABLE = 0

Adelaide 2011

Adelaide 2011 by Tewie and Rainmakerk (フォルダ名:adelaide2011)

2011年バージョン。

Adelaide 2016

・Adelaide 2016 by Terra21 (フォルダ名:adelaide_2016)
ー 2レイアウト(シケインの有無)

ダウンロードは動画の概要欄から。

1988年バージョンと同様に草が明るいのを修正したり、GrassFXを入れたら見栄えが良くなりました。コースのフォルダ以下にextensionファイルを、その中にext_config.iniを作成して以下をコピペしてください。

[LIGHTING]
LIT_MULT = 1

[BASIC]
SUPPORTS_WIND = 1

[GRASS_FX_TEXTURE_GROUP_0]
PIECE_0 = 1, 1
PIECE_1 = 1, 2, 2, 1
PIECE_1_CHANCE = 0.05
PIECE_2 = 1, 2, 2, 1
PIECE_2_CHANCE = 1
PIECE_3 = 6, 1
PIECE_4 = 7, 1
PIECE_5 = 8, 1
PIECE_6 = 2, 1
PIECE_7 = 2, 2
PIECE_8 = 3, 1
PIECE_9 = 3, 2

[GRASS_FX_CONFIGURATION_A]
TEXTURE_BASE_CHANCE = 1
TEXTURE_GROUP_0_CHANCE = 0.25
MASK_MAIN_THRESHOLD = 
MASK_MAX_LUMINANCE = 1
MASK_MIN_LUMINANCE = 0.01
TRIM_PERIOD = THURSDAY
SHAPE_SIZE = 2
SHAPE_TIDY = 1, 0
SHAPE_CUT = 0, 0

[GRASS_FX_ADJUSTMENT_...]
MATERIALS = GRASSA
MAP = A

[GRASS_FX]
GRASS_MATERIALS = GRASSA
OCCLUDING_MATERIALS_ALPHA=
OCCLUDING_MATERIALS =
ORIGINAL_GRASS_MATERIALS = GBLADES
TRIM_PERIOD = THURSDAY
MASK_BLUR = 1
MASK_MAIN_THRESHOLD = 
MASK_MAX_LUMINANCE = 1
MASK_MIN_LUMINANCE = 0.01
SHAPE_SIZE = 1.0, 2.5
SHAPE_TIDY = 1, 0
SHAPE_CUT = 1, 0
TEXTURE = grass_fx/highlands.dds
TEXTURE_GRID = 8, 3

[SHADER_REPLACEMENT_1]
ACTIVE=1
DESCRIPTION= darker grass
MATERIALS = GRASSA
PROP_1 = ksDiffuse, 0.38
PROP_2 = ksAmbient, 0.38

Albert Park/Melbourne (オーストラリア)

アルバート・パーク・サーキット(Albert Park、Melbourne Grand Prix Circuit)はオーストラリア連邦ビクトリア州メルボルンにある公道を使用したコースである。1996年からF1オーストラリアGPが開催されている。
タイトコーナーは少なく、直線的な加速とハードブレーキングを繰り返すストップ&ゴータイプのサーキットである。コーナー出口でのトラクション性能や、安定したブレーキ性能が要求される。各コーナーの観客席には「ブラバム」「ジョーンズ」「クラーク」「アスカリ」「スチュワート」「プロスト」といった名ドライバーの名が付けられている。

wikipediaより

Melbourne 2019

・Melbourne 2019 by acu, patrikPAT, Sliderman (フォルダ名:melbourne_2019)
ーメルボルンで1番良いと思われるバージョン

Albert Park Circuit

・Albert Park Circuit by ACU (フォルダ名:albert-park_acu)

GrassFXはShaderの関係上入っていません。以下の2020仕様スキンが入れられます。

・Track Skins by Blackcelica

草が少し明るいと感じたのでその修正と、水のアニメーションの追加をするには、assettocorsa\extension\config\tracks\loadedにある
albert-park_acu.iniの最後に以下を追加してください。

[SHADER_REPLACEMENT_0]
ACTIVE=1
DESCRIPTION= darker grass
MESHES =
MATERIALS = mel_infield_b_01_d, mel_infield_a_02_d
PROP_1 = ksDiffuse, 0.25
PROP_2 = ksAmbient, 0.25

[INCLUDE]
INCLUDE=common/materials_track.ini

[Material_Water]
Materials = water_new
Type= LAKE

今回はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました